トップページ > 外壁の塗り替え時期と必要性

外壁塗装:塗り替え時期と必要性

屋根の塗り替え時期

外壁を塗り替えるタイミングをご説明します。
下記のような現象が発生している場合は、お気軽にご相談ください。 
 1.壁に触ると手に白い粉がつく

これは「チョーキング現象」といわれるものです。
紫外線などで劣化した塗料の表層樹脂が劣化し,中の顔料が粉状になri
触ると,手に粉が付着します。
こうなると雨が滲み込みやすくなってきて躯体の木部が腐る原因になります。
(ちなみに腐ると異臭がし、シロアリが発生する事があります)
2.外壁が元の色と変わってきた

これは雨水の侵入のせいで、その部分が黒ずんでしまい、変色します。
濡れるとシミになる状態です。
一度シミになると乾燥してもシミのままになっています。 
 3.塗膜が浮いたり剥がれたりしている

塗料がパリパリと剥がれる状態です。
このままの状態で、補修することは出来ない為、スクレパー等で削り落とし塗り直す必要があります。
 4.塗膜や壁にヒビが入っている

塗膜のところに髪の毛位の浅く細かいヒビを「ヘアークラック」といいます。
ヘアーラックより太くはっきりとしたヒビは、完全に躯体のモルタルにクラック(ヒビ)が入っています。
ヘアークラックはフィラー(パテ効果のある下塗り材)でカバーできるのですが、クラックの場合はしっかりとコーキングやパテ埋め補修をしないと、雨漏りの原因となります。
 5.鉄部にサビが生じている

古い鉄製のベランダや門扉等に多く見られます。
塗装が剥げるとサビが進んでボロボロになり折れやすくなります。
塗装がはがれ、錆が発生した段階で塗装をすることで、寿命が長くなり
高額な門柱の交換をする必要が無くなります。
 6.カビ、藻、苔が生えている

これは美観が良くないのはもとより、防水性が劣ってきている証拠で繁殖している状態です。
日当たりが悪く、風通しもよくない外壁に多く見られます。
これはチョーキングやヘアークラックの前兆になるので、他の壁面の状況もよく確認してみてください。
 7.目地のシーリング剤にヒビが入っている

サッシ周りやサイディングの縦継ぎ目等にゴムのような部分があります。
このシーリング材が劣化してくると裂け目が出来たような状態になり、そこから雨水が侵入してしまいます。
そのため古いシーリング材を取り除いて新しいシーリング材を打つ必要があります。
ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪塗装 All Rights Reserved.