トップページ > 自分で出来るベランダ手すりの塗装方法

自分で出来るベランダ手すりの塗装方法

費用を抑える究極の方法は、自分で施工することが1番です。
ホームセンターの材料で十分です。
ただ『下地を傷めてしまった・周囲を汚してしまった・怪我や体調がおかしくなった』等、、リスクもありますので、充分注意してください。

なお、あくまでも一般的な方法ですので、塗り替えの場所や使用する塗料などが変わると、工程も変わることがあります。

ベランダ手すりの塗装方法

1.養生
これから塗装しようと思っている個所以外の場所を塗料で汚さないようにします。
まず、マスキングテープ・ガムテープ・マスカーで塗装箇所以外を覆います。
床などには、ビニールが付いた養生シートが売っていますのでご準備ください。
新聞紙などは染み込む恐れもありますので、あまりお勧めはできません。
マスカー
養生テープとビニールが一体になった物です。
ホームセンターにも売っています。
 
材料
・マスカー(ガムテープとビニールが一緒になった養生用シート)
・ガムテープ(布、紙などがあります)
・テーププライマー(テープが付きにくい場所用のスプレー式接着剤)
・ほうき(細部の掃除がでるきような小さなもの)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)汚れていい服で準備に取りかかりましょう。

(2)養生のテープがよく付くように、汚れている個所はキレイに掃除をします。

(3)塗装する手すりの部分と床部分の境目にマスカーを貼ります。マスカーがうまく貼れない場合は、テーププライマーを使って接着します。

(4)ビニールを広げて、床を覆います。塗料が飛び散って床が汚れないように、広めに覆ったほうがいいでしょう。

(5)風で飛ばされないように、ビニールの端を養生テープでしっかりと止めます。

2.下地処理
仕上がりの良し悪しは、下地処理でほとんど決まります。
1番邪魔くさい作業ですが、非常に重要な作業でもあります。
今回は、ベランダ手すりを塗り替える前提でご説明します。
ベランダ手すりの多くは、錆が発生していると思います。
錆の上から塗ってしまうと、メクレの原因にもなり、おろそかにすると最初からやり直しになってしまいます。ケレンやワイヤーブラシなどで、サビや古い塗膜をキレイに取り除いて下さい。
下地調整は塗料の密着性を高め、長持ちさせるために、塗装前には必ず行うとても重要な工程です
材料
・ナイロンタワシ
・ハンドパッド(サビ落としパッド)
・ワイヤーブラシ
・サンドペーパー等
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)雨にさらされている場所など、サビの発生しているところは、ナイロンタワシやハンドパッドでサビを完全に削り落とします。隅などの狭い部分は、細長いワイヤーブラシなどでサビを取り除きます。

(2)サビが付いていない部分は、サンドペーパーで全体を研磨します。塗装面を研磨して細かなキズを付けておくことで、塗料の密着性が高まります。

(3)サンドペーパーによる研磨では、前の塗装の粉(チョーキング)も落とすことができます。

3.下塗り
ベランダ手すりの下塗りは、錆止めを使用しましょう。
錆止め塗料を塗ることで、鉄部の防錆にもなります。
材料
・サビ止め塗料(溶剤系と水性があります) 
・シンナー(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2〜5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
・下げ缶(塗料を入れたり、希釈したりするための容器です)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)溶剤系のサビ止め塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。希釈の割合は塗料の缶などに書いてありますので、それを参考にしてください。

(2)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(3)角や隅などの塗りづらい細かな部分から先に刷毛で塗装します。このような部分は、幅の小さな刷毛を使うとうまく塗れます。

(4)細かい部分を塗り終えたら、広くて塗りやすい部分を塗装していきます。この部分はローラーが使えれば、時間を短縮できます。塗料をサッと均一に塗っていきます。ある程度塗り終わったら、再度塗り広げていきます。塗料がムラなく均一な厚さで塗れるように慎重に塗りましょう。

4.中塗り
仕上げ用の塗料を使って中塗りします。この時点で仕上げることもありますが、サビがあった場合などは、耐久性を高めるためにも中塗り、上塗りの両方の作業を行ったほうがいいでしょう。
材料
・仕上げ塗料(シリコン系、ウレタン系など多くの種類があります)
・シンナー(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2〜5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ・塗料屋さん
作業

(1)中塗りの作業自体は、基本的には下塗りと同じと考えてください。使用する塗料の量は、目安として一般家庭のベランダや手すりでは、4kgくらい、屋外の鉄階段などの場合は、一斗缶を用意したほうがいいでしょう。

(2)溶剤系のサビ止め塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。

(3)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(4)下塗りと同じように、ムラなく均一に塗っていきます。

5.上塗り・仕上げ
仕上げ塗装ともいいます。上塗りの出来次第で、塗装の仕上がり具合が大きく違ってきますので、慎重に作業しましょう。
材料
・仕上げ塗料(シリコン系、ウレタン系など多くの種類があります)
・シンナー(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2〜5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ・塗料屋さん
作業

(1)使用する塗料、作業ともに中塗りの工程と同じです。

(2)溶剤系のサビ止め塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。

(3)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(4)中塗りと同じように、ムラなく均一に塗っていきます。

(5)最後に塗り残した部分がないかを確認し、塗り残しが見つかったら、そこの部分だけを小さな刷毛を使って塗装します。狭い場所や見えにくい場所などは特に気を付けて確認します。

(6)塗料が完全に乾いたら、養生をゆっくりと剥がします。

(7)使用した道具をキレイに片付けたら完成です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪塗装 All Rights Reserved.