トップページ > 壁紙クロスへ塗装

壁紙クロスへ塗装

壁紙(クロス)へ塗装方法を教えます。

なお、あくまでも一般的な方法ですので、塗り替えの場所や使用する塗料などが変わると、工程も変わることがあります。

ベランダ手すりの塗装方法

1.下地の調整
塗装を綺麗に仕上げる為には、下地処理が重要です。
まずは、原状の壁紙の状態を把握しましょう。
材料
・接着剤
・ペイント薄め液
・パテ
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)汚れていい服で準備に取りかかりましょう。

(2)壁紙が剥がれかかっている個所は、接着剤で補修

(3)穴が開いていたり、凹んでいる個所はパテ補修

(4)パテ補修をした箇所は、乾いてからサンドペーパーでフラットにしてください。

(5)油や手あかで汚れている個所は、ペイント薄め液で拭き取ってください。


2.養生
塗料の付いてはいけない箇所は、養生して保護しましょう。
材料
・マスカー(ガムテープとビニールが一緒になった養生用シート)
・ガムテープ(布、紙などがあります)
・テーププライマー(テープが付きにくい場所用のスプレー式接着剤)
・ほうき(細部の掃除がでるきような小さなもの)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)床や廻縁(天井と壁の境界にある木部)・巾木(床と壁の境目にあるビニールや木製の板)で塗装しない箇所は、マスキングテープ等で養生してください。

※万一塗料が付いても、油性の場合はペイント薄め液で拭き取ってください。


3.塗装作業
塗料は使用前に必ずかくはん作業をして下さい。
缶を逆さにし、上下に振って混ぜてください。
蓋はしっかり締まっていることを確認してください。
材料
・塗料(溶剤系と水性があります) 
・ペイント薄め液(溶剤系の塗料を薄めるための希釈剤です)
・刷毛(幅が2〜5cmくらいの大きさの違うものを2、3本用意しましょう)
・ローラー(広い部分を塗るためのものです)
・下げ缶(塗料を入れたり、希釈したりするための容器です)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)溶剤系の塗料の場合はシンナーで、水性の場合は水で希釈します。希釈の割合は塗料の缶などに書いてありますので、それを参考にしてください。
※基本的には、薄めずに塗った方が綺麗に仕上がります。
※粘度が固い場合は、薄めてください。

(2)塗料と希釈剤(シンナーまたは水)が均一になるまでよく混ぜます。

(3)角や隅などの塗りづらい細かな部分から先に刷毛で塗装します。このような部分は、幅の小さな刷毛を使うとうまく塗れます。

(4)細かい部分を塗り終えたら、広くて塗りやすい部分を塗装していきます。この部分はローラーが使えれば、時間を短縮できます。塗料をサッと均一に塗っていきます。ある程度塗り終わったら、再度塗り広げていきます。塗料がムラなく均一な厚さで塗れるように慎重に塗りましょう。


4.上塗り・仕上げ
3の塗装作業で綺麗に仕上がれば必要ありません。
材料
・3で使用した塗料
・ペイント薄め液(はみ出した油性塗料は、これで拭いて塗料を取って下さい)
購入場所
ホームセンター・ネットショップ
作業

(1)塗装を上塗りする場合は、下地が乾いてから作業をして下さい。

(2)はみ出している塗料は拭き取ってください。
溶剤系のサビ止め塗料の場合はペイント薄め液で、水性の場合は水で拭き取ってください。

(3)塗料が完全に乾いたら、養生をゆっくりと剥がします。

(7)使用した道具をキレイに片付けたら完成です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪塗装 All Rights Reserved.