トップページ > 木部塗装

木部塗装waterproofing work

木部塗装


  • 木部は非常に傷みやすい箇所になります。
    外壁部分に木が使用されている場合、雨や紫外線により傷みが進行しやすくマメなメンテナンスが必要となります。
  • 塗装の方が安いか、外壁を変更する方が安いかも見積りします。
    傷みやすい木部だけに、専用の塗料を使ってしっかりした塗装が必要です。
ページトップへ戻る

木部塗装の種類


  •  ステイン仕上げ 木にステイン(着色)剤をしみ込ませて仕上げるタイプ。
    木の内部から腐れ等を防ぎます。
    塗料の膜は出来ない為、木目が活きて木の風合いが残る仕上がりになります。
    室外で使用する場合は、木肌が直に紫外線や雨水にさらされる為、定期的な塗替えが必要となります。
    1年程度の周期での塗替えが好ましいでしょう。
    防虫防腐剤の配合した防虫防腐ステインと、着色剤のみ(上塗りにクリヤー塗装が必要になります)があります。
    おもに屋外木部のウッドデッキ、ガーデンファニチャー、ぬれ縁、フェンス、パーゴラなどの塗装仕上げや店舗のカウンター等に使われます。 
     ステイン仕上げ

      クリヤー仕上げ 透明クリヤー仕上げ。
    木の上にクリヤー塗料でコーティングをします。
    木目はそのまま活きますが、木肌の感じはなくなります。
    塗膜で保護する為ステイン仕上げに比べて耐久性に優れます。
    下塗りにステイン(着色)塗りすることも出来ます。
    着色した方が紫外線を通しにくく長期耐久につながります。
    おもに玄関ドア、屋内の建具、家具、カウンターなどの塗装仕上げに使われます。
    クリヤー仕上げ 

      塗りつぶし仕上げ 木に直接塗装を施すタイプ。
    木目や木質が必要のない、棚板や机等に使用します。
    直に色を塗ってしまうため、木目は消えてしまいますが、塗膜で保護するため、塗料のグレードに応じた耐久性があります。
    おもに破風板、巾木、羽目板、天板などの塗装仕上げに使われます。  
     塗りつぶし仕上げ
ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪塗装 All Rights Reserved.