トップページ > 屋根の塗り替え時期

屋根の塗り替え時期

屋根の塗り替え時期

屋根を塗り替えるタイミングをご説明します。
下記のような現象が発生している場合は、お気軽にご相談ください。 
 1.屋根にコケ・カビが発生している

年数が経つと屋根の表面が劣化します。
劣化した箇所が水分を吸いこみ、カビ・コケが発生します。
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
2.塗料の色褪せている

化粧スレート瓦・コンクリート瓦・セメント瓦・金属瓦等塗装している瓦は、経年劣化で表面塗装が色あせします。
色褪せをする事で、表面が傷みやすい状態になります。
築後10〜15年程で症状が顕著になる場合が多いようです。
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
 3.樋にコケが溜まっている

樋に土やほこりが溜まり、水はけが悪くなることで発生します。
樋の流れも悪くなり、雨樋を通さずに雨水が溢れ、外壁を痛める悪循環になります。
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
 4.チョーキング

屋根材の塗膜が紫外線と水により加水分解した状態をチョーキングと言います。
金属系屋根材に生じ易いです。チョーキングが発生した時点での塗り替え工事が一番ベストです
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
 5.塗膜の膨れ

屋根面の塗膜の膨れは、濃色で塗装した際、塗膜・素地との蓄熱によって生じる熱伸縮が原因で膨れる場合や、シーラー・錆止め塗装・目粗しが不十分な場合等にも膨れが生じます。
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
 6.基材の劣化

屋根材の欠損は、主に外部からの衝撃・熱伸縮が原因で生じます。
雨漏りの原因にもなります。
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
 7.退色・変色

金属系の屋根材に生じやす劣化現象です。
一般的な屋根は、多くの紫外線・風雨に曝される為に劣化進行速度は速くなります。
※上から見るのは危険な為、下から見て発生してそうならご連絡ください。(無料で確認に行きます)
ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪塗装 All Rights Reserved.